読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

また1からこつこつと

最高はひとつじゃないと信じてまたがんばります。

グアムのIT事情 〜グアムに4日いて気づいたこと〜

日常

久しぶりに家族で海外旅行に来ている。場所はグアム。
日本からわずか3時間半ほどで着いてしまう南国の楽園。
具体的になにをしているとかは別のエントリーで書くとして、今回はグアムのIT事情についてご紹介してみようと思う。

1. グアムでiPhoneを使う

自分はSoftbankと契約をしているiPhone5Sをメイン端末として使っている。
Softbankだと「海外パケットし放題」が使えるので、グアムでもそのまま使うことができる。
www.softbank.jp

グアムに到着し、入国審査を待っている間に現地キャリアの設定をしてみた。
f:id:mjk0513:20160314100100p:plain

割と簡単にキャリアに接続することはできた。

が、

まったくもって回線を受信しない。
感覚的には通信制限くらったときぐらいの遅さ。
いろいろ調べたら4Gではなく3G回線だったみたい。
でもタモンの中心街でも受信してないんだからこのキャリアはないよなという結論に至った...

2. グアムの公衆無料Wi-Fi

前述したとおり、基本的に携帯電話回線は使えないに等しい。TwitterのTLを更新するのに何分もかかる。
そんな環境だからこそなのか、グアムは公衆無料Wi-Fiが半端無く発達している。
どこのお店にいっても基本的にWi-Fiスポットを開放してるし、いま泊まっているホテルは各客室に1つずつアクセスポイントが設置されている。
また、ビーチにも「(ホテル名)-beach」みたいなSSIDでアクセスポイントがあり、これがめちゃくちゃ便利。
完全に観光客向けなんだろうけど、だいぶ助かった。

おかげで、ビーチから日本とSkypeをつなぐことができた。

3 グアムの現地の人たちの携帯電話

現地の人たちがiPhoneとかスマートフォンを使っているのを見たことがない。
もちろん使ってる人もいるんだろうけど、基本的にみんなガラケーだった。
タクシーの運転手さんがもってるのは簡易無線的なもので、ガラケーのようなかたちをしてる。
それで「 Four Japanese ◯◯ hotel」のように行き先を本部に伝えてた。

あと、町中で普通にケータイ売ってる。
アウトレットとかだけじゃなくて、普通のスーパーの一角にあったりする。

日本だとキャリアの直営店とかが多いから新鮮だった。

4. オーダーシステムがすごい

iPad mini をつかって客の注文をとり、厨房に流して提供する。チェックもその端末で行う。
AppleStoreの決済は店員の端末からできるようになってるけど、それと似たような感じ。
座席をタップすると明細がでてくる場所もあった。

キャッシュで払った人には当然お釣りを返さないといけないからレジに行かなきゃいけないんだけど、そのレジもいろんなところに備え付けられている。
データは一括で管理されてるから、レジも複数個あっても不便なことがなにもないんだろうなと。
すごく合理的で良いシステムだった。
日本でもAirREDIとかがあるからうまく活用できると思うんだ。
airregi.jp

5. 番外編 UNITED航空のアプリがすごい

成田からグアムまではUnited航空を使ったんだけど、公式が出してるiOSアプリがすごすぎてびっくりした。
航空券の番号と自分のラストネームを入力すると、どの飛行機に乗るかとか、どこから出るだとか、空席情報だとか、席のアップグレード申し込みとかが自分の手元の端末で確認できる。
さらに、Apple Wallet(旧Passbook)にも対応しているのでチェックインがiPhoneまたはApple Watchで行える。
自分はAppleWatchユーザだから当然AppleWatchでチェックイン。
f:id:mjk0513:20160314173314j:plain

さらにすごいのが、機内にWi-Fiが通っていてローカルネットワーク使って動画をストリーミング配信してる。だから飛行機自体にはディスプレイはなく、個々人のデバイスで見ろという考え。

おもしろい。

スマホで見ることを前提としてるから、こういう簡易スマホスタンドが配られた。
f:id:mjk0513:20160314174750j:plain


旅行の詳細については書く気があればまた書きます。
とりあえず、グアムのIT事情紹介でした。